2022年9月28日
Breaking News

生活相談員のやり甲斐とは

生活相談員のやり甲斐はなんといっても、高齢者とその家族の力になれることではないでしょうか。
これから介護サービスを利用しようとする人や介護サービスを受けている人など、介護サービスを必要とする高齢者とその家族は「どのようなサービスを受けられるのか」「どのくらい費用がかかるのか」と、さまざまな不安と悩みを抱えています。
そんな人たちの相談に乗り、不安と悩みを解消へと導いたときの喜びは、生活相談員の仕事でしか味わえません。
利用者の声に耳を傾けながら、ニーズに合わせた介護サービスを提供する。これらを実現することで、利用者とその家族の期待に応えたと言えるでしょう。
「相談できてよかった」「ありがとう」の言葉が生活相談員の一番のやり甲斐になります。
また、生活相談員は利用者とその家族だけでなく、介護職をはじめさまざまな職種のスタッフとの関わりが求められます。
職種の垣根を超えた連携をとることで、信頼関係を築きやすくなったり、コミュニケーションが図りやすくなるでしょう。
さらに、他職種のスタッフの業務内容を知ることができるのもポイントです。
知識が深まり、相談業務に役立てられるのはもちろん、生活相談員として成長できます。
さまざまな人たちと接するため、ときに大変だと感じることもあるでしょう。
生活相談員は大変なぶん、たくさんのやり甲斐があると同時に自身の成長にもつながります。
人の役に立ちながらキャリアアップしたいという人は、生活相談員を目指してみてはいかがでしょう。